プロペシアは発毛を促す効果のあるお薬ですが、副作用も懸念される部分もあります。それは男性にとっての下半身に影響が出ることがあるからです。プロペシアを服用したらどのようなリスクがあるのかをご紹介していきいます。

プロペシアの画像と服用のリスクで悩む男性

プロペシアを始めてもかゆみなら指の腹で髪の毛を洗う

頭皮にかゆみを感じると、つい爪を立ててガリガリと掻いてしまいがちです。
お風呂でも気持ち良さを感じるために、かゆみを感じるところを中心に爪を立てて髪の毛を洗ってしまうものです。
しかし、爪を立てて掻いたり髪の毛を洗ったりするのは、頭皮にとって良いことではありません。
爪で掻きむしると頭皮を傷付けてしまうことになるので、薄毛の原因となるのです。
薄毛を予防し改善したいなら、頭皮を傷付けてはいけません。
髪の毛を洗うときは、かゆみを感じるところも指の腹を使って丁寧に洗う必要があります。
指の腹を使って優しく洗っていれば、頭皮を傷付けることはありません。
頭皮を優しく扱うことこそ、薄毛対策では重要なポイントです。
すでにプロペシアを服用し薄毛対策を始めている人も、指の腹を使って髪の毛を洗うことは大切です。
プロペシアを服用し続けても、それだけで最大限の効果を発揮することはできません。
頭皮に負担をかけず薄毛対策になる行動を続けることによって、プロペシアの効果を最大限受けることができます。
また、プロペシアの効果を最大限引き出すためには、他の治療薬と併用すること効果的です。
しかし、他の治療薬とプロペシアを併用していると、頭皮にかゆみを感じることもあります。
服用を始めてから頭皮にかゆみを感じたら、プロペシアの副作用を疑うかもしれません。
プロペシアには、男性機能低下などの副作用があります。
しかし、かゆみに関する副作用は、添付文書などには記載されていません。
他の治療薬と併用している場合は、その薬の副作用を疑うべきです。
大切なことは、かゆみなどの異常を感じたときには、プロペシアを処方してもらった医師に相談することです。