プロペシアは発毛を促す効果のあるお薬ですが、副作用も懸念される部分もあります。それは男性にとっての下半身に影響が出ることがあるからです。プロペシアを服用したらどのようなリスクがあるのかをご紹介していきいます。

プロペシアの画像と服用のリスクで悩む男性

効果を期待するならプロペシアよりスピルリナが有効

薄毛改善法にも様々な方法がありますが、その中でもプロペシアは医療機関などで処方される発毛薬で薄毛改善に高い効果が期待できるとされています。

プロペシアに含まれるフィナステリドという成分は、AGAの原因となるDHTを生成する5αーリダクターゼ還元酵素を阻害する作用があるため、薄毛の進行を食い止める働きがあり、育毛効果が期待できるとされています。

しかし、プロペシアはもともと薄毛改善のために開発されたわけではなく前立腺肥大の治療薬として開発されたものが結果的に薄毛の改善に効果があるとして発毛薬として使用されるようになったものです。

そのため、薄毛改善の効果は高いのですがその分精力減退や勃起不全などの副作用が出ることがあるとされています。

薄毛を改善で着たとしても、健康被害が起こっては意味がありません。

そこでおすすめしたいのが同じ育毛効果が期待できるのでも体への負担が少なく安心して摂取できるスピルリナです。

スピルリナとは、大昔から存在している藻類の一種でサプリメントや粉末などで摂取することができます。

スピルリナには、成長ホルモンの分泌を促進するアルギニンが多く含まれており、血行を良くする作用があるので髪に必要な栄養素や酸素を十分に送ることが期待できるので育毛効果につながるとされています。

また、スピルリナには髪の主原料となるたんぱく質が豊富に含まれているので、育毛や発毛の期待したいのならぜひ摂取していきたいものだといえます。

そして、天然成分であることから副作用の心配がほとんどないのがメリットの一つです。

副作用を気にしながらプロペシアを使用するよりも、身体への負担を考えることなくスピルリナで育毛対策を行ってみてはいかがでしょうか。